ゴミ屋敷には片付けのプロを

ゴミと業者と定義について

ゴミと業者と定義について ゴミの定義について、スーパーさんやデパートさんに設置されているゴミのコンテナがありますが、それらのコンテナに投入していいゴミの定義としては、業者さんが指定した、例えばペットボトルや雑誌、いらなくなった漫画などの本や、アルミ缶、牛乳パックや段ボールなどとなっています。
業者さんが指定した上記以外の物、例えば腐った果物や汚れたおむつなどを投入する人がいますが、これらは上記のようなペットボトルやアルミ缶、段ボールなどと異なり、業者さんが指定したゴミの定義ではないため、当然、そのような物を投入すると、不法投棄として、法律的にも罰則を受ける場合があります。
実際に、このような不要でリサイクル出来ないものを、お金を浮かせるためや掃除のために、めんどくさがってコンテナに投入してしまう悪質なことが起こっており、各地で問題となっています。
このような場合には、先述したように警察に通報されるケースもある問題となっています。

ゴミと業者と問題について

ゴミを回収してもらえると、家の片づけなどにもなり、清潔な空間を部屋に作れるため、業者さんに依頼を行うと、いらないゴミなどを大量に回収してくれることから、とても助かるものです。
また、このようなゴミ、例えば段ボールなどの大量のものや、新聞の大量のもの、またはアルミ缶などが大量にある場合には、業者さんがスーパーやデパートなどに、コンテナなどを設置している場合、そのようなコンテナに入れることで、処分をしてもらえることが出来ます。
ただ、その一方で、このようなシステムには問題があり、ポイントがたまるシステムがあることから、悪質な人の場合、大量の処分出来ないおむつなどの汚れたゴミなどを、コンテナなどに入れてしまい、それでポイントを得ようとする悪質なケースが、問題となっています。
そのような場合には、監視カメラが設置されているため、どの人がそのような行為を行ったのかは分かるのですが、それでもなかなか無くなってくれない問題となっています。